1. 中古車を高く売る方法
  2. 車売却時の悩みや不安
  3. ≫ディーラーの下取りに出すと損する?

ディーラーの下取りに出すと損する?

ディーラーの下取りに出すと損する
ディーラーに下取りを出すと損をするのか、また、買取よりも得をするのか、実際はどっちなんでしょうか?

ディーラー下取りは損するのか
ディーラーの下取りというのは、基本的には、そのディーラーで新しく車を買い換える場合に行うものです。

ようするに、車を買い換えてもらえる代わりに、今まで所有していた車をサービス的な感じで、価格を付けて引き取ることで、買い換える車の価格から、下取りした価格分を差し引いて購入してもらうという流れになります。

ディーラーの場合、下取りした車は自社の中古車として販売するところもありますが、その他では、他の中古車店に売却したり、オークションに出したりして、下取りした車を消化しています。

よっぽど、新しい車や、価値がある車ならディーラーの下取りでも高値で買い取ってくれますが、価値が無い車や、古い車の場合、単に車買い替えの手数料程度にしかならないのがほとんどなので、ディーラーの下取りでは損をしてしまうかもしれません。

しかし、車買取業者の場合は、車買い替えのために買取るのではなく、その車の価値や相場に合わせて、査定士が買取額を算出してくれます。

車買取業者は、それぞれが独自の販売ルートを持っているので、ディーラーよりも査定する基準が違い、買取査定額が高くなりやすいのです。

なので、もし、車買い替え時に下取りを考えている場合、ディーラーの下取りで損をしてしまう前に、ネットの車一括査定などを活用して、できるだけ多くの見積もりを出してもらい、買取価格の比較をしてみると良いかもしれませんね。

中古車を高く売りたいあなたへ
2018年度版!中古車無料一括査定サービスの比較おすすめランキングを作成しました。車を売ってから後悔したくないなら、ぜひこちらのページで紹介している無料一括査定を利用してみてください。

無料一括査定サービス比較おすすめランキング記事はこちら

ディーラーの下取り価格基準とは

ディーラーの下取り価格基準とは
ディーラーの下取り価格の基準は、多くのディーラーの場合、1年に1回のタイミングで決定しているようです。

なので、下取り価格や買取価格も、大きな意味では、少しづつ査定額が下がっていくのですが、特にディーラー下取りの場合は、下がりやすいと考えておいたほうが良いでしょう。

ただディーラーの場合、買取とは違って季節やタイミングは、あまり関係がないようです。

実際のディーラー下取り査定においては、車の年式や走行距離以外にも、事故歴やキズ、車の状態も査定士の方に確認してもらう必要があるのですが、基準価格を把握したいのであれば、インターネットなどで、すぐにでも査定価格を確認する事ができます。

ほとんどのディーラーでは、このように、同じような価格帯になってはいるのですが、やはり、ディーラーとしては、自社メーカーの車の方が若干、下取り査定額が高くなりやすいのかもしれません。

次に乗り換える車のメーカーで下取りしてもらうというのが基本になるので、その辺は自分が次に購入する車の事を考えた上で判断した方が良いと思います。

ディーラー下取り査定のメリットとデメリット

ディーラー下取り査定のメリットとデメリット
ディーラーで下取りをして貰う場合には、買取とは違うメリットやデメリットがあるので、そこら辺を踏まえた上で、下取りが本当に得なのか判断するようにしてください。

ディーラー下取り査定のメリット

次に乗り換える車が新車の場合は、全く手間もかかりませんが、ディーラー下取り査定の場合は、今現在、乗っている車を、次に乗る新車の割引価格分として交換するという事で取引が完了するのが、ディーラー下取りのメリット。

ディーラー下取り査定のデメリット

実際に、ディーラーで下取り査定をしてもらえれば分ることですが、ディーラー下取り価格では、高額になることは、ほとんど期待できません。

簡単に言えば、新車販売のおいての、サービスの一貫、という感じになっている気もしますし、新車の割引オプション的な感じで、適当な買取価格なのかもしれません。

このように、ディーラー下取り査定の場合、買取査定とは違った、価格設定の不透明さもあるので、ディーラーで下取り査定をするのなら、最初に、車買取相場を調べておくほうが、間違いないでしょう。

中古車を高く売りたいあなたへ
2018年度版!中古車無料一括査定サービスの比較おすすめランキングを作成しました。車を売ってから後悔したくないなら、ぜひこちらのページで紹介している無料一括査定を利用してみてください。

無料一括査定サービス比較おすすめランキング記事はこちら